今更聞けない!はんこ・印鑑の種類

皆さんは、ハンコにどのような種類があるのかご存知でしょうか。
今回は、ハンコの種類についてお話したいと思います。

 

ハンコの種類

実印

住民登録している市区町村に印鑑登録を申請し、認められた印艦のことを実印と言います。
実印の登録は、未成年者でも保護者の同意があれば作成することが可能です。
印艦の中で最も重要な意味を持つものなので、保管には注意が必要です。
印艦証明・契約書などと一緒に保管しないように気を付けましょう。

 

実印は、印面の文字や印材にも気を配りシンプルかつ高級感のあるものにすると良いでしょう。

 

銀行印

主に金融機関での口座開設・預貯金の運用時に使用する印艦のことを指します。
安全のため、実印とは別の印艦を作ることをおすすめします。
今ではセキュリティー機能が向上しているとは言え、預金通帳等と一緒に保管をしないように注意しましょう。

 

銀行印は実印の様な堅苦しい縛りはあまりありません。
一部の金融機関を除いて、印面に柄が描かれているハンコでも認められています。

 

認印

こちらは主に郵便物の受け取り・書類等の内容確認などの際に使用する印艦です。
他の国で言うサインにあたりますので、デザイン等も自由です。
しかし、印艦を押すと言うことは責任を伴うことになりますので安易に押さないように気を付けて下さい。

 

このように、ハンコにも様々な種類があります。
用途に合わせて使い分けをするのが一番安全ですが、必要がなければ全てを揃える必要はありません。

 

また、ハンコの素材に関しても様々な物があります。
実印・銀行印などは、運勢や金運などを考慮して高級で丈夫な素材で作成する方が多いようです。

 

認印は少しカジュアルなものでも大丈夫なので、キャラクターの物・スワロフスキーなどでデコレーションしたもの・アニマル柄の物など幅広いデザインを選ぶことが出来ます。

 

用途に合わせて個性を出しながらハンコ選びも楽しむことが出来ると良いと思います。

判子は何個もっておけば良いの?

印鑑の通販サイトを見ると、実印や銀行印など、非常に様々な種類が販売されていますが、そうした特殊な印鑑を持った機会が無いと、基礎的な知識が不足して、購入しようにも、どれに手をつければよいのか分からないという方は多いので、新たに印鑑を購入する際は、まず何個必要なのかチェックしておきましょう。

 

大事なものは一つだけ

印鑑を購入する際、非常に重要な取引で使われる印鑑は、異本的に一種類しか製作しません。
特に実印のように、不動産の売買など、重要な取引で使う印鑑については、簡単に複製できるものだと、成りすまして取引が行われるなど、大きなトラブルになりかねないので、実印などの本当に大事な印鑑については、所有するものは一つだけにして、使わないときはしっかり保管しましょう。

 

好みで変わる銀行印

実印と並んで、大事な印鑑として良く売られているのが、銀行印と呼ばれる印鑑です。
銀行印は銀行口座を開く際に使われることが多いですが、その個数については好みが分かれています。

 

一つの銀行印だけで銀行口座を複数開く方もいれば、口座を開設するたびに銀行印を増やす方もいます。
一つに限定すると、管理しやすくなる分、紛失したときの手続きが面倒になり、口座ごとに用意すれば、管理は面倒ですが、紛失や破損したときの手続きを減らすことも出来ます。

 

別に明確な決まりがあるというわけでもないので、お好みで自分が管理しやすい個数の銀行印を用意しましょう。

 

認印は何個あってもOK

印鑑の中でも、普段の生活で使うことが一番多いのは、認印のような小さく、単純な造りの印鑑でしょう。
これなら何個あってもも問題ないので、普段認印を使うことが多い玄関先やリビングのテーブル周辺など、その場にあると便利そうな場所に置くなど、目的に合わせて個数を選択することで、より快適な環境で印鑑を使うことが出来るようになります。認印は価格も安いので、まとめて注文しても、それほど大きな出費にはつながりません。

 

印鑑にも色々な種類がありますが、実印や銀行印のように使い道が限られたものから、認印のように気軽に使えるものまで、印鑑の種類によって、求められる個数も変わります。
印鑑を通販で購入する際は、まとめて購入するかどうかも、前もって考えておくのをおススメします。